花粉症2018年予想!ヨーグルトで乗り切れる?

早い人なら2月頃から花粉症対策をやっている人もいる。

長年悩まされている人、ここ最近発症した人、

鼻がムズムズ嫌な時期をどう乗り切るかが問題だ。

冬に花粉症は出るのか?

あるアンケート結果を調べたら、12月から2月の時期にも花粉症に悩まされている人ががいるという。

その数なんと10%!

風邪だと思っていたら、「花粉症です」と診断される。

冬の時期に花粉症になる人は、ほとんど春にも花粉症を発症する。

なので、かなり長い時期悩まされる事になる。

2018年の花粉症状況

1月に花粉飛散予報が発表されました!

2018年花粉

東北は前シーズンの2倍越え!関東・四国も1.5倍越えという結果に!

2018年花粉飛散予報サイト

福岡では2月下旬ごろには花粉が飛ぶようです。。

症状を和らげるヨーグルト

花粉症にはヨーグルトが良いと言われています。

しかし、ヨーグルトには色々な菌を使用しているので

その菌によっての効果は様々です。

そこで、どのヨーグルトの菌が花粉症に効くのかを紹介したいと思います。

森永さんのビヒダスです。

ビフィズス菌BB536株が入っています。これを14週間毎日食べるという

実験が行われた結果、目と鼻のかゆみが減少したという結果がでています。

つまり3か月間も要するので、1月くらいから食べ始めると

ピークの3月から4月には効果が出始めるかも。。ということです。

 

目のかゆみ・鼻水に効くお菓子

「ヨーグルトを毎日食べるのはめんどくさい。」

「お腹が緩みそうで怖い」

こんな人には、手軽に摂取できるお菓子をご紹介!

ヨーグレットです。

これ、花粉症の時期になると毎年売れ行きが凄いそうです。

【 ヨーグレットの原材料 】

砂糖・濃縮ヨーグルト・ヨーグルトパウダー

植物油脂、ゼラチン、ビフィズス菌、クエン酸

骨カルシウム、香料、乳化剤

【 内容量 】18粒×10個

【 カロリー 】110カロリー

これなら、毎日食べれそうです。

効果が出る人、出ない人にはムラがありそうだけど

試してみる価値はあり!!

 

花粉症の人は口にしてはいけない食べ物5選!!

【 リンゴ 】

” リンゴを食べると医者いらず ” と、言われていますが、

花粉症に関しては別。

花粉と同じ分子構造のものが含まれているので、

体が拒否反応を起こします。

 

【 柑橘系 】

みかんやレモンなどの柑橘系にはクエン酸が含まれていて

自律神経を刺激するとされています。

人によっては、悪化する場合が。

 

【 牛肉 】

ロースなど脂身の多いものはアルギニンが含まれていて

症状を悪化させてしまいます。

また飼育の際に使用している科学物質でアレルギー反応が

出ることがあります。

 

 牛乳 】

牛乳の中に含まれているタンパク質を分解する時に、

毒素がはいっていて

アレルギーを抑える効果を弱めてしまうことがあります。


【 トマト 】

トマトに含まれているヒスタミンが

かゆみや刺激を引き起こしてしまいます。

生でなく、煮込んだり加熱をしてから食べると問題なくなります。

これらを見ると、「何も食べれないじゃないか!!(# ゚Д゚)」

と思うかもしれませんが、

一概にみんなに当てはまるというわけではないので、

症状がひどくなった場合に、これらの物を口にしていないか?を

考えてみてくさい。

 




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でjyorikoをフォローしよう!