名古屋地下鉄なぞ解き【所要時間】と【難易度】(ネタバレなし)

名古屋の地下鉄に乗りながら謎を解いていく体験型ゲーム

地下迷宮で眠る謎 を解いてきました!

 

 

 

なぞ解きキット販売場所と料金

なぞ解きキットは、「 名古屋サービスセンター 」で販売されています。

ちょうど桜橋線の地下鉄改札近くにあります。

近くに駅長室がありますが、少し奥まった所になるのでわかりにくいです。

私たちが行ったのは平日の午前11時。

キットを購入している人はなく、待ち時間なしで買えました。

1キット2,160円で1日乗車券がついてきます。

カップルで参加する場合、わざわざ2キット買う必要はないと思います。

1日乗車券が付いているのは魅力的ですが、

切符の券売機で「1日地下鉄乗り放題 」を買う事ができるんです。

こちらは1日乗り放題で740円になります。

その日出会ったなぞ解き参加者はほとんど人数分購入しているのを見かけましたが、

一緒に解いていくならもったいないような気がします。

 

名古屋地下鉄なぞ解きの所要時間

移動時間に結構時間をとられます。

地下鉄の電車は平日でも5分、10分間隔で来るのですが

全線利用していくので乗り換えなど、移動に結構時間を取られます。

観光なしで、なぞ解きのみをする場合は4時間程度。

そこに食事時間や休憩、観光などを考えると時間配分ができます。

 

 

難易度とヒント

今回のなぞ解き、「SCRAP」さんの企画でしたが

初心者の人でもやりやすく、難易度は普通。

過去に色々ななぞ解きを経験した方にしたら、

少し簡単すぎて物足りなさを感じるかもしれません。

あと、サイトが提供しているヒントが

「 ほぼ答えじゃん!」とつっこみたくなる部分が多くて

みんな簡単にクリアできそうな感じになっています。

しいて言えば、アイテムをちょっと工夫して使いこなせるかどうか、

という点が分かれ目になってくるんだと思います。

最後のこの問題は中央に書かれたトンネルの絵。

そして、いかにも怪しげな右の柄の羅列。

ちょっと頭をひねるのは、この部分のみじゃないでしょうか?

わざわざ中央の見開きにトンネルが書かれているっていうのがポイントですね。

 

地下迷宮で眠る謎の感想

今回のこの企画、

東京で20万人以上が遊んだイベント 』とありますが

地下迷宮で眠る謎公式サイト

内容的には地下鉄に乗り、

淡々と進めていくものに感じました。

街をあげての企画なら、レベル分けをして欲しかったと思います。

地下鉄の外にも出てなぞ解きを行いますが、

ほぼ地下鉄内と屋外といっても範囲は数十メートル程度になってて

『 観光 』というイメージはありませんでした。

 

このなぞ解きに観光を組み込みたい人は、

名古屋城と大須観音くらいでしょうか。

 

私たちは平日に参加をしましたが、

途中キットを持ってなぞ解きをしているカップルやグループ、

単身者がチラホラ見る程度でゆっくりと焦らずできました。

 

割と地下鉄で謎が完結されてしまうので

郷土料理を食べたい場合は

名古屋駅周辺かその近くの駅内になるかと思います。

私たちも、とある行き着いた駅で味噌カツ丼を食べました。

やはり本場だけあって、甘辛い味噌が濃厚で美味しかったです。

こういう電車を使ったなぞ解きは他にもありますが、

https://www.blackcats-cube.com/event/暗号仕掛けの乗車券/

やはり施設内などの方が謎も工夫されているような気がします。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でjyorikoをフォローしよう!