ディズニーアーカイブス展【グッズ】と【内容】を詳しく画像でご紹介!

日本では初公開の【ディズニーアーカイブ展】が大阪を皮切りに

全国を巡回します!

約420点の貴重なアイテムが登場!

 

ディズニーアーカイブ展、巡回開催地

2018年4月11日~5月14日までは大阪の大丸梅田店15階

大丸ミュージアムにて開催されますが、

その後の開催地は後日に発表されるそうです。

*4月17日現在未定

【入場時間】

午前10時~午後8時(最終入場午後7時半まで)

最終日のみ午後5時(最終入場4時半まで)

 

チケット料金と前売り券

通常前売り券は開催日の前日までで

ローソンチケット・イープラス・チケットぴあ等で

購入することができます。

200円ほど割安になります。

入場料<税込>
一般1,500円(1,300円)
高大生1,200円(1,000円)
中学生から3歳まで800円(700円)
2歳以下無料

*( )前売り料金

 

アーカイブ展の内容と所要時間

まず、窓口で当日券を購入します。前売り券を持っている方は、そのまま先に進めます。

もうそこから撮影は禁止となっています。

ジブリ展や以前のディズニーアート展では「会場マップ」が配られていましたが、

今回はないようです。

スタッフの方曰はく、

「私たちもギリギリまで知らされてなかったんです。ディズニーさんが来てから、

配置をどうしようかと直前まで準備にかかって・・・」

とのことでした。

間に合わなかったんですね(;^_^A

入り口を少し入ると、とても貴重なミッキーマウス関連のグッズが展示されています。


(参照:マイナビ)

そしてディズニーが1番見て欲しいという「スクラップブック」


(参照:マイナビ)

ウォルトの歴史の象徴とも言われるこのスクラップブックは

ディズニーが個人から買い戻したほどの貴重なもので、

世界初公開なんです!

 

 

会場をさらに進んでいくと、

今までディズニーとコラボした作品の数々や

ディズニーを支えたレジェンド達の紹介などがされています。

その中に日本人も数人いましたが、

日本にディズニーを誘致した人などやホテルを取り仕切っている人など

詳しく紹介されていました。

 

また、日本とディズニーの関係や日本ならではのグッズなどもあります。

ちょうと中盤あたりで撮影可能エリアになりますが、

それがディズニー映画で使用された衣装や小物の展示でした。


ジャングルブック


アリスワンダーランド


ホーンテッドマンション


美女と野獣

会場内をゆっくり見て回るのに、かかった時間はおよそ40分ほど。

ディズニーアーカイブ展のグッズ紹介

会場を出たところに、グッズの販売エリアがあり結構な広さでした。

アーカイブ展限定ものなど、価格は安いものから高いものまで

かなりの種類が用意されています。

中に氷などで冷やすと、柄がでてくるグラス(1,080円)

ミッキーのおみくじのようなものがあります。

「幸せを呼ぶ言葉」がミッキーの底に入ってあり、

種類は25あるようです。

 

ディズニー高額グッズたち


このトートバックは42,120円!最初は、桁を1つ間違えているのかと思いました!


ポーチ(左17,280円 右19,440円)


ジワジワきている、こけしブームにミッキー達も登場です。
こけし特大サイズ(各 37,800円)

ドナルドとデイジーは少し高いんですね。使用色の関係?

個人的にちょっといいな、と思ったのはこれ

表情が豊かで色合いも可愛いです。

アーカイブ展限定バック(1,944円)とマグ(1,296円)

これらはまだ、求めやすい料金価格になっています。

 

混雑状況と空いてる時間帯

私たちが訪れたのは平日の午後3時。

スムーズにチケットを購入することができ、混雑状況も上の画像を見てもらえれば

わかると思います。

さらに1時間後になると、人はまばらになり更にゆっくりと鑑賞することが

できるのではないでしょうか。

ただ、週末はかなりの混雑するので注意しましょう。

 

ディズニーアーカイブ展の感想

2,017年に開催された「ディズニーアート展」はどちらかというと、

ミッキーなどキャラクターにスポットをあてたものでした。

【ディズニーアート展】混雑具合と販売グッズを紹介!

2018.01.12

ですが、今回のアーカイブ展はディズニー会社の資料や

ウォルトにスポットを当てたもので、

ディズニーがどのように成り立っていき、

どのように支えられているかがよくわかる内容です。

アニメだけでなく、映画の世界でも虜にするディズニーの力を

再確認できます。

どちらかといえば、大人向けの展示会だと思います。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でjyorikoをフォローしよう!