【ハローワールド】謎解きの難易度と感想!



9月20日から上映されている「HELLO WORLD」ハローワールドの映画とコラボした謎解きです。本屋巡りの内容で、全国一斉に開催されているんだけど難易度や所要時間、面白さなどを早速検証してきました!

ハローワールド開催期間と料金

期間:9月20日~10月31日

時間:各地本屋さんの営業時間内

料金:初級1,500円 / 上級1,600円

※消費税が10月から変わります

気持ち、ちょっと高いかなーと感じましたけどね。

参加者全員にボールペンがもらえます。初級編はクリアファイル。

ハローワールド謎解きの感想と所要時間

今回は感想から書いていこうと思います。

この謎解きは「初級編」と「上級編」の2つのコースが用意されていて公式サイトに表示されている難易度は初級で★が2つ、上級で★が4つとされています。

私たちは上級編を選択し、早速解き始めてみると・・・

 

「 何?!この簡単さは?!」

 

と驚くくらいスラスラと解けていく。もしや間違って初級編を購入したのか?と何度も冊子を確認したがやっぱり上級編。

冊子は全部で8ページ。40分くらいで解き終わり次のステージへ。この謎解きは1度書店スタッフの人に経過報告をしてもう1枚謎シートが渡されるという流れになっています。

ようやくそこから少し難易度があがります。ですが今まで謎解きをしてきた感じでいうと中レベル。

また、公式サイトには【最終解答受付】とあるのでてっきり最後の答えを書店スタッフの人に言わなければならないと思っていましたが、途中のキーワードを報告しもう1枚謎解きシートをもらえれば自宅で持ち帰っても大丈夫です。

結局かかった所要時間は1時間と少し。

冊子は綺麗でとても見やすくされていました。スマホとの連動する部分があり、ストーリーを進めていきますが作品を知らなくても大丈夫。

全体的に「なぞなそ劇団」さんの問題はわりと易しいので謎解き初心者の方、短い時間で謎解きをしたい方にはおすすめの内容でした。

ハローワールドヒント

冊子にはQRコードのヒントサイトがあります。半分以上は初心者の人でも自力で解くことが出来ると思いますが、少しだけ考えた部分だけネタバレなしのヒントを紹介します。

謎の暗号文のヒント

「先生からのメモ」を変化させ最初から問題を解きなおしていきますが、どこの部分を変化させなければいけないかが問題。

数字しりとりのページは、このページに書かれているすべてをよく見てみよう。最初は1文字になります。

マス目の文字のページはメモの部分にあまりこだわらなくてもいい感じ。線は直線と斜めにひいてみよう。

円と文字のページは別の紙に書き直してからやってみるとわかりやすいよ。

大阪キット販売場所

大阪の開催場所は梅田の「紀伊国屋書店」です。

今回は梅田本店とグランフロント大阪店の2カ所になりますが、おすすめは先に梅田本店でキットを購入してからグランフロント店に行き、その周辺で問題を解くパターン。

梅田本店はかなり混雑していて、ゆっくり謎を解く場所がありません。グランフロント大阪は本店に比べるとかなり広くて空いています。無料で座れるテーブルなどもあるので便利です。

↓ 梅田本店の紀伊国屋はここ ↓

阪急3番街のちょうど上にあたるところで、阪急電車乗り場をエスカレーター降りたところです。ちょっと屋根が低い場所ですね。

地下鉄からだと、長いエスカレーターを上がりさらにまっすぐ行った突き当り部分。

入り口すぐのレジではなく1番奥のレジでキットを購入します。ここで手掛かりの2枚のパネルの写真をとってからグランフロントに向かいましょう。

グランフロント大阪の南館6階になります。

かなり広い敷地になりますが、ちゃんとパネルが貼られている場所が表示されていて助かります。

グランフロントの紀伊国屋書店のテーブルが満席の場合、上の階のスタバか5階のこのエリアでもゆっくりと謎をとくベンチなどがあります。

途中報告する際にも近いのでとても便利なのでおすすめ。

全国17カ所で同時開催されていますが映画を見に行った人、謎解きが好きな人にも楽しめる謎解きです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でjyorikoをフォローしよう!