ハルカス【チームラボ学ぶ!未来の遊園地】混雑状況と感想

「 花と共に生きる動物たち 」と創造的にな人間になることをテーマにした

新感覚の未来遊園地をあべのハルカスにて展示されています。

チームラボとのコラボしたこの展覧会は東京でも47万人が訪れたといいます。

早速、この気になるイベントに参加してきました!

あべのハルカス美術館営業時間と開催期間

開催日 2018年7月13日(金)~9月2日(日)
【 休館日 】7月23日(月)30日(月)8月6日(月)

営業時間 10時~20時 *最終入場19時半

前売り券と当日券の料金

前売り券の販売はすでに終了しています。

美術館はハルカスの16階にあります。

1番最短距離で行けるルートは地下鉄御堂筋線「天王寺駅」の西改札口を出て

左に行くとハルカスの入り口があります。

その入り口を入らず、右にあるエレベーターホールから上がっていきます。

 

チームラボ学ぶ未来の遊園地の内容

中は大きく7つのエリアに分かれています。

暗く、涼しい中に音楽が流れ幻想的な雰囲気が演出されています。

最初のエリアは10mほどの長い廊下の壁面に、

動物たちが花にまとわれながら、ゆっくりと歩いています。

画像を見てもわかると思いますが、

半分以上は子供連れのファミリー層でした。

部屋のいたるところにあるクッション系の家や雲を自分で移動させ

街を作っていきます。

第3エリアはテーブルの上に小人が楽しく生活する様子が見れます。

そのテーブルの上に置かれている小さな小物を動かすと

それに小人たちが反応した動きをしてくれます。

手には反応しませんが、スマホなど「無機質」なものを置いても

反応するので試してみてください!

大型滑り台は子供から大人まで!

色々なフルーツが映し出された滑り台を降りると、

その反動でどんどんフルーツがカットされていく仕組みになっています。

年齢制限なく、子供から大人まで楽しんでいました。

自分の作品を参加させるアートコーナー

鳥やカエル、花やチョウチョなど好きな画用紙を取り

クレヨンで色を塗っていくコーナーがあります。

ここで仕上げた作品をスキャンしてもらうと会場内の動物たちの仲間入りをしてくれます。

私たちが書いた作品はこれ!

ちなみに私は左ですが、反映されるのは「鳥の体のみ」

周りに書いた風景や炎は一切映りませんので、

私たちのように無駄な書き込みで落胆することのないように!

スキャンされて数秒後には、すぐ横の大きな広場に生命が与えられ

自由に移動していくので最初を見逃すと見つけるのに苦労します!

自分の作品を缶バッチに

スキャンし終えた作品は持って帰ることができます。

その絵を出口のところにある「缶バッチファクトリー」で作ってもらうことが出来ます。

1つ500円ですが、2人の作品を同じ缶バッチに入れる事もできるようです。

 

チームラボ未来の遊園地混雑状況

私たちが訪れたのは平日の午後4時。

チケット売り場はほとんど人がおらず、並ぶことなく購入できました。

平日の4時となると、幼稚園児など早く帰宅してくる世代の子供連れが多かったです。

あとは女性同士のグループ、カップルや年配の方など。

参加型の内容ですが、並ぶこともなくストレスフリーの状況でした!

こちらは7月27日金曜日の14時半頃。

すでに夏休みに突入したため、平日でもこの混み具合!!

中に入るまで30分以上は待たなければいけません。

で、こちらが8月24日金曜日13時半の様子

個人情報のため、少しぼかしを入れています。

当日券を購入するのには時間はかからないようですが、

入るのに1時間って・・・。

 

 

中に入ると右手にコインロッカー(100円戻りあり)があるので

余計な荷物などは入れておくといいでしょう。

しかし、会場内はベビーカーを持ち込むことはできないので、

コインロッカー横のベビーカー置き場に置き、

抱っこしながらの入場となるようなので抱っこ紐を忘れずに!




子供のアートを応援するお土産

出口はミュージアムショップとつながっており、

そこにはアートに関係するお土産がたくさん売られていました。

なかなかの品ぞろえで、絵を描くだけでなく作品を作っていくものもあり

子供の夏休みの工作にも十分使えそうなものも結構ありました。

私が子供なら是非欲しい!!!

大人用はないかと探しましたが、残念ながら見つけることはできませんでした。

 

未来の遊園地の感想と所要時間。撮影はOK?!

展示会には珍しい撮影・動画OKの許可が出されています。

会場は1つ1つのエリアに色々な工夫がされていて、

子供の創造性をかきたてる凄い空間になっています。

どの子もみんな、飽きることなく体を動かし頭を動かして参加していました。

大人も楽しめる内容になっていましたが、

色を塗ったりの参加をしなければ所要時間は30分というところで、

あっという間に出口についてしまったという感じになるでしょう。

同じ光の演出イベントはこちら

2018年京セラドームアクアリウム展【金魚と光のコラボ】

2018.08.06

過去にあったハルカス美術館でのイベントのように

あべのハルカス【ジブリ展】の満足度と評価!じっくり見学できる日程は?

2017.12.09

作品をじっくり1つ1つ見ていくものとは違って

空間を楽しむものになっています。

子供連れには十分なコスパですがカップルのデートスポットとしては

少し物足りなさを感じるかもしれません。

8月14日までウィング館で全国の人気アイスが食べられる

【あいぱく】が開催中なので帰りに寄ってみては?!

【あいぱくハルカス】人気アイスと混雑状況!

2018.08.02




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でjyorikoをフォローしよう!