におい展大阪【混雑状況】【グッズ】と感想!世界一臭い缶詰!!

とうとう大阪にもやってきた【 におい展 】

50種類のいろんな『 におい 』が集結!!

レベル分けされた激臭の部屋に、あなたは入る勇気があるのか?!

梅田ロフトへのアクセス


【電車で梅田ロフトに行く場合】
阪急梅田駅茶屋町出口から徒歩で5分
地下鉄中津から徒歩で5分

梅田ロフトの駐車場

梅田ロフト専用の立体駐車場があります。

道路沿いから左折したところにあるのでわかりやすいです。

車を入れる際に係の人が「 時間制 」か「1日料金 」かをたずねてきます。

最初に時間制を選択すると、最大料金の設定が使えなくなるので注意してください。

立体なので車庫の低い車は入ることができません。

おススメはロフト前の60分パーキングチケット!!

60分限定ですが、300円で済みます。約5台分くらい駐車スペース有り

前売り券と当日券料金

前売り券:700円

当日券 :800円

におい展は開催中であっても前売り券を購入することができます。

前売り券はイープラスにて販売しています。

 

おススメの、良いにおい

前半に並べられているにおいは【 良い匂い 】のものばかりです。

香水や花の香り、アロマテラピーなど癒されるものばかりです。

1つ1つ瓶を開けてにおいを嗅ぐのですが、

その中でもおススメは  イリス

アイリスの根から取れる、最も高価な香料だそうです。

気品あふれる贅沢な香りなので、是非堪能してください!

この香り、欲しい~!!!

レベル分けの激臭部屋

会場内には、臭いのレベル分けされた部屋が用意されています。

それぞれ嫌な臭いなんですが、会場を進むごとに臭いの強さが増していきます。

 

レベル1【くさや】

伊豆諸島の特産品でもある『 くさや 』

新鮮な魚を開き、くさや液で浸してから天日干ししたものです。

中には100年以上のものもあるらしい。

→ 正直、この臭いはまだ耐えれる。

 

レベル2【加齢臭】

30歳くらいから主に男性に発生する体臭。

10年くらい前にある化粧品会社が発見したにおいだそうです。

→いやいや、電車の中で遭遇する加齢臭はもっとひどいものがある!

 

レベル3【ドリアン】

フルーツの王様と言われていますが、あまりに臭いので公共施設への持ち込みが

禁止されているようです。

ニオイからは想像できないほど美味しいので『禁断のフルーツ』とも言われています。

→想像していたよりは臭くなかった。全然耐えれる

 

レベル4【足のにおい】

人にとって最も身近な嫌なにおい。

繁殖した雑菌に汗と一緒に流れ出した皮脂や汚れが加わって

ニオイを発生させます。

→よく再現できたなと思いました。

 

レベル4【臭豆腐】

レベル4がもう1つ、中国や台湾の臭豆腐。

異臭騒ぎで電車を停めた事もある強烈な臭い。

口に入れることを考えると身の毛もよだつ激臭。

→激しいアンモニア臭で吐き気をもよおす程

 

レベル5【シュールストレミング】

スウェーデン発の「世界一臭い缶詰」

塩漬けしたニシンの缶詰で、缶の中でも発酵を続けガスを発生させている。

缶を開けた時に液体が吹き出す恐ろしい缶詰。

→ まさに腐乱臭!!腐った生魚としか表現できない。

自分のニオイを測定してみよう!

機械を使って自分自身のニオイを測定できるコーナーがあります。

自分でも気づかないニオイに驚くかも?!

 

におい展グッズ

会場の外側には狭いスペースですがグッズが販売されています。

Tシャツ、文具、香水などもありますが【臭豆腐】もあるので

興味がある方は!500円くらいだったと思います。

香水は1000円くらいから2000円くらいまでで、

会場内で嗅いだものもありました。

個人的にはドリアンTシャツが良いなと思いました。

 

混雑状況と所要時間

私たちが訪れたのは平日の午後4時ごろ。

当日券はロフト5階のレジで購入し入場しますが

私たち意外にお客は5組ほど。

ゆっくりと時間をかけて会場内をめぐることができました。

所要時間は30分というところ。

 

におい展感想

今まで過去に行った、キモかわいい展などに比べると

結構な興奮度や驚きがありました。

10万人が悶絶したという日常の色々な臭いや

ここでしか体験できない激臭の機会を逃す手はないなと思います。

他にも、大阪限定の「おっちゃん&おばちゃんのニオイ」や

男女のフェロモンの匂いなど面白いものもありました。

当日は800円ですがコスパはいいと思います。

鼻が途中でおかしくなりますが、ちゃんとリセットできるコーナーもあるので

安心して行ってみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でjyorikoをフォローしよう!