上本町シェラトン都ホテル大阪【トップオブミヤコ】予約時に窓側席をオーダーするべし!

シェラトン都ホテル大阪。

ここの最上階にある、

バイキング&カクテルラウンジ トップオブミヤコ

にて、誕生日ランチをしてきた。

 

上本町都ホテルの駐車場は?

車で行った場合、ちゃんとホテル専用のパーキングが

利用できるのが嬉しい。

直営レストラン利用時の駐車場代
ご利用料金 2,000円以上 1時間無料
ご利用料金3,500円以上 2時間無料
ご利用料金5,000円以上 3時間無料

2人で利用すると、2時間は無料の計算になるから

ゆっくりと食事を楽しめますね!

 

ゆったり座れるラグジュアリーな店内

大阪のブッフェスタイルは、とにかく席と席が近い!

人が多い分、座席を確保するのはわかるけど

「定食屋じゃないんだから・・」

と、いつもそこが不満に思う。

しかし、このトップオブミヤコはゆったりとしたソファー席で

隣の話し声も、まったく気にならない。

特におススメなのが、窓側のこの席。


2人並んで外を見ながら、ゆっくりと食事ができる。

奥にも、4人掛けもあって家族で来ても、

この展望を楽しめるようになっている。

 

 

種類は少ないが、ハズレなし

他のブッフェに比べ「 種類が少ない 」

と言う人もいるかもしれない。

しかし、種類が多い分  ” ハズレ ” だって多い気がする。

 

特に、気に入ったのがドリンクの種類。

これは私の撮影ミスだが、

右側にもっとたくさんある(;^_^A

特に気に入ったのが、

トクホで有名な『 からだすこやか茶 』と

特製のミックスジュース。

 

他のドリンクバーとの差を、ここでつけましたね。

しかもドリンク込みの料金です。

 

その日のメインは

日替わりパスタと(あさりのクリームパスタ)と、

シェフが切り分けるローストビーフ。

 

ローストビーフは

本当に当たりはずれが大きいが、

ここは大当たり!

高齢の方もガンガンと、

食べすすめられるくらいのお肉の柔らかさ!

 

周りを見渡すと、

セレブなご年配の方が多いのも納得。

長く生きてきて、

たくさん食べてきたからこそわかる、

『 量より質 』

 

それにここは珍しく時間制限がない!

梅田にある人気ビュッフェ

「 オ〇ン〇ア 」 は、100分という

時間制限のせいで、

ゆっくり会話もできずに

店内を走って列に並び、

追い立てられるようにデザートを

食べるスタイルになってしまう。

 

【トップオブミヤコ】バイキングを賢く予約する方法

こういう人気のレストランは

必ず事前予約をしておくこと!

私はレストラン系は一休.comで予約を

取る事に決めている。

月に1回はビュッフェを利用するので

結構なポイントがここで貯まる。

電話はめんどうだけど、ネットならボタンを

クリックするだけの簡単さ。

しかも、大抵のレストランは登録されているので

全国規模でポイントが貯まっていくんだよね~。

一休のレストラン人気ランキング

ブッフェ特集で予約すると大幅割引き!

あと、予約の時に

「 窓側で 」と記載しておけば

ちゃーんと要望聞いてくれます。

 

カップルで行くなら、絶対おすすめの窓側席です。

友達同士の4人席もわずかですが、窓側席が用意されています。

 

一休らの予約をする人の半分くらいは

サイト内でレビュー(評価)を付ける人がいます。

レストラン側もそれをわかっているので

結構気を使ってくれたり、

話しかけてくれたりします。

私たちも会計の時、主任?ぽい人に

「 今日のお食事どうでしたか~?」

「 昨日はイカ墨パスタだったんですよー 」

「 またお待ちしてますね~ 」

と、100点スマイルで見送ってくれましたもん。

 

ここで貯まったポイントを他のビュッフェで

使えるなんて、

ポイント永久不滅じゃないですか?!


↑ こんな感じでネット限定料金もあります。

それより、やばい。

ビュッフェを食べた日は絶対2キロ増しに

なるから夜は落ち込むんだよね・・・。



 

総評

 

店名 シェラトン都ホテル大阪【トップオブミヤコ】
値段 ランチ3,000円 ディナー4,600円
一休で予約すると最大39%オフ!
評価 ★★★★
これ美味しい 鉄板のローストビーフ。パスタなどのメイン。
一戸、お店ができるんじゃないかと思うくらい
プリンが美味しかった。
シチュエーション ・隣の声に敏感な人。
・種類よりも質にこだわる人。
・楽~な姿勢で食事を楽しみたい人

★は5段階評価になっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でjyorikoをフォローしよう!