【 2020年最新!謎解き情報はこちら!】

日傘の代用品はある?させない場所での対処法!



どんなに暑くても、日差しが照りつけようとも日傘をさせない場所や環境がありますよね。日傘の代用となる効果のあるものを紹介していきます!

日傘をさせない場所って?

日傘をさしたくてもさせない場所をいくつか例にあげてみました。

・テーマパークでのパレード見学時
パレードを見る時の日傘ほど迷惑なものはありません。パレードが始まるずっと前から場所取りをして、コンクリートからの照り返しにも耐えなければいけません。

・幼児や赤ちゃんがいる時
買い物に行く場合でも子供を抱っこしていて、片手に荷物をもっていると日傘をさすことはできません。また、日傘をさしながら片手でベビーカーを押すのもなかなか難しいと思います。

・スポーツ観戦
野球やサッカーなど屋外でのスポーツ観戦では、もちろん日傘をさすことはできません。何時間もその場にいることになるので相当数の紫外線を浴びることになります。

・キャンプ
バーベキューやテント張り、キャンプをする場合は色々と動かなければいけないので日傘をさしている場合ではありません。海や川でのキャンプは特に日差しが強くなっています。

・ウォーキング
健康管理やダイエットのためにウォーキングをしたくても日差しが気になって、やる気がうせてしまいますよね。汗をかくので日焼け止めもあんまり役に立たなそう・・・。

日傘の代用品は?

日傘をさせない場所で活躍しそうな代用品を紹介します!

フード付きタオル

フード付きで頭からすっぽりかぶれるタオルです。首筋や腕も隠れるようになっているので日除けができます。このタオルに布用UVスプレーを吹き付けることで、日除け+UVカットをすることができます。

UVカット帽子


後ろの首筋まですっぽりと防ぐことができる万全の帽子です。これだけつばの広いものだと安心して屋外に行くことができます。頭皮も紫外線から守ることはとっても大事。

キャンプなどで手を動かすために、ずっとタオルで腕を隠せない場合に活躍するのがUV手袋。しっかりと二の腕から手の甲までしっかりとカバーしてくれるロング型のものがおすすめです。

⇒ 超ロング!冷感さらさらUVカット手袋

UVマスク

ついにマスクもここまで進化しました!帽子だけだと、口周りやあご・首が心配だという人にぴったり!楽天で驚異の2000件越えのレビュー!

息苦しくない作りになっているので、ウォーキングなど体を動かしていても楽チンです。

↓ もう少しシンプルなデザインが好きな人はこちら ↓

口元に切り込みが入っているので、中でムレることがないので化粧崩れも相当防ぐことができます。

腕や首には日焼け止めを塗りなおしができるけれど、顔はお化粧をしているので躊躇してしまいますよね。サラサラな生地や冷感スプレーを併用すれば、暑さも防げます。

日傘の中国製と日本製の違いはある?

最近では中国製だからといって、すぐに壊れてしまうということはなくなりました。

ただ、日本製となると素材にとことんこだわった日傘のものが多く一気に高額になります。

一般的な日傘の素材はポリウレタンのもので相場が2,000円~3,000円ほどになりますが、コットン素材に特殊なUVコーティング仕様で1万円を超えてきます。

⇒ 最高峰!軽い・丈夫・上品・高機能すべてがそろった日傘!

日傘は安いものだと雑貨屋さんで1,000円台で購入することができますが、自分の肌をしっかり守るためにも表示をしっかりとチェックして納得いくものを買いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です