絶対に植えてはいけない!本当は怖い植物の実態!!

冬の終わりから春に向けて

ベランダや庭を華やかに!という気持ちが出てきます。

自宅近くにも可愛いガーデニングショップがあって、

そこを通るたびに、気持ちをそそられたりします。

 

が、私は8割の確率で、枯らしたり

「 え?お前そんなだったっけ?(;´・ω・)」

と見るも無残な姿にしてしまいます。

 

 植えてはいけない植物たちランキング

うっかり見た目だけで育てると、

後で後悔する植物たちを紹介します。

危険度ランキングレベル1~2★★

【 ノウゼンカズラ 】

夏にどんどん花を咲かせる花木です。

花の蜜に含まれる『 ラパコール 』、

という成分が有毒性があると言われます。

手に触れると皮膚がかぶれ、

目に入ると炎症を起こすそうです。

ちなみに花言葉は【 栄光 】。

 

危険度ランキングレベル2~3★★★

【 シソ 】

え~!

昔からシソを植えてる人、結構いたよね?!

独特の香りなので虫もつきにくいと

言われているので、何にも害はなさそう。

 

・・・ですが、

シソの香りに負けないガッツある

幼虫がいるんです。

それが、ハスモントヨウ

「 な、なんだ青虫じゃん (;’∀’) 」

 

かなり苦手系のビジュアルですが

ギリ大丈夫。

これが成虫になると、こちら

ゔ・・・(-_-;)

もう、私からしたら

ゴキブリとのくくりが一緒です。

空飛ぶ、ゴキ。

 

これが大量発生して、

周辺の家庭菜園どころか農地を

食い尽くし、環境破壊になる恐れも。

想像するだけで背筋凍ります。

 




もう一つ、

飲食に多用されるこちら。

【 ミント 】

ハーブティーやケーキの上など

活躍の場が多いミントさん。

ガーデニング女子なら、

おうちで育ててる人も、意外と多いはず。

 

この愛らしいミントのどこが有害なのか?

実はミントの繁殖力は恐怖すら

覚えるほどで、

ほっといても勝手にどんどん増えていきます。

一旦増えたら、

土ごと変えなきゃいけなくなって、

もう自分ではどうにもこうにも出来ず、

最後は業者を呼ぶ羽目に(;_:)

 

最初はこんなでも、

 

どんどん広がって、

 

さらに地面を埋め尽くし、

 

ミントのテロ化が始まっています。

 

「 き、きっとイイ匂いなんだろうな♪ 」

 

なんて、のんきな事を言ってられるのは

最初だけ。

ハーブなんて使うっても

せいぜい、この程度。

とてもじゃないけど消費しきれません!!

 

自分で駆除を試みても、

数ミリでも残っていれば、

また増えてくるので、もはや兵器状態。

ククク、あの奥さん気に入らないから

家の庭にミントを落としてやるわ

のような嫌がらせが流行るのか?

 

 

危険度ランキングレベル4~5の植物★★★★★

【 ワルナスビ 】

悪臭を放ち、繁殖力が凄まじい。

垂直に広がる地下茎は除草剤が効きにくい。

実はプチトマトと似ているが、

有毒性があるので食べられない。

普通に野山、草むらとかに生えているので

 

「 あ♪ ちょうどお腹空いてたんだ~!」

 

なんて食べると、場合によっては昏睡状態に。

英語では「悪魔のトマト」と言われているらしい。

 

植物は見た目とは違った、

新しい一面が垣間見えたんではないでしょうか??



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でjyorikoをフォローしよう!