【 謎解き会社設立しました!】

【山陽電車|なぞときさんぽ旅】謎解き範囲広いので運賃注意!

7つの電車謎解きの1つ、山陽電車謎解き。スタート地点がちょっと遠いので行くかどうしようかかなり迷った周遊謎でした。が、コンプリート目指している人も参考にしていただければ・・・。

山陽電車謎解き内容

開催期間:9月16日~2023年5月31日

開催時間:始発~17時

キット購入場所

西代・板宿・東須磨・山陽須磨・山陽垂水・山陽明石・東二見・高砂・大塩・飾麿・山陽姫路・山陽網干の窓口

キット料金:2,300円 ※1日乗車券付き

お得な乗車券と運賃は?

キットには1日乗車券が1人分付いていますが、同伴者の場合は別に1日乗車券を購入することをおススメします。私達の場合、梅田を出発地点としてクリアするまでの通常運賃は片道だけで2,350円もかかることになりました。

住んでいる地域にもよりますが、スタートする地域は山陽電車沿線でも大阪よりとなります。おすすめはこのあたりかな。

 

↓ 使えるエリアはこんな感じです ↓

ちなみに梅田発とした私達が購入したのはこれ。

難波とかからの出発なら2,200円の乗車券を購入した方がお得です。この乗車券は券売機ではなく、駅員窓口で購入しました。(当日オッケー)

山陽電車謎解き難易度は?

全体的に初級よりの中級問題が多く感じました。反復系の謎がやや多く、謎解きに慣れていない人は「?」となるかもしれませんがヒントで解答まで見られるのでクリアすることはできます。

途中、何度かテーブルに座ってゆっくり考えるものもあるので解きごたえはあると思います。

所要時間やボリュームは?

39ページに及ぶ冊子と追加シートがあり、ボリューム満点。電車の待ち時間もストレスがない程度ですが、移動距離が他の謎解きよりも範囲が広く感じました。

移動時間も含めると謎解きに関しては約5時間弱。ランチやカフェタイムを含むとさらに1時間。どうしても見たい観光名所があるのでさらに1時間半くらいが加算される感じです。

山陽電車謎解き感想

スタート地点に行くまでに時間がかかるので本当に正直、参加に迷った謎解きでした。「だいたいこの辺り行くんだろうな~」と予想はしていましたが、終盤の謎の場所が1番観光したかったんですが、どっぷりと日が暮れてしまい寒さで断念してしまいました・・。

なのでおすすめ開始時間は10時よりも前!

ランチ場所は序盤よりも中盤以降がおすすめです。冊子の上部に書いてある「いまココ」という進行状況がわかる数字でいうと「4」以降です。

謎解きあるあるですが、夕方遅い時間になると「こんな時間なのに、まだこんな所にいるなんて・・。」と不思議な感覚になります。帰りは疲労感に浸りながら帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です