【 2020年最新!謎解き情報はこちら!】

大崎上島【きのえ温泉ホテル清風館】口コミと温泉内容!

広島県、大崎上島町の高台にある1番綺麗なホテルと言えばきのえ温泉ホテル清風館です。

このホテルのお部屋や料理、温泉にいたるまで徹底的な口コミを紹介したいと思います!

ホテル清風館へのアクセスと駐車場

大崎上島までは本土からフェリーでないと行く事ができません。

大崎上島へのアクセスと、フェリーの乗り方

広島県に属する瀬戸内海に浮かぶ島で、竹原・安芸津からフェリーで30分ほどのところに位置しています。

どちらも30分に1本という頻度で出航しているので便利です。

残念ながら本土から行くには、このフェリーに乗るしか交通手段はありません。フェリー乗り場は2カ所あります。

竹原港フェリー乗り場

こちらでまず、フェリーのチケットを購入します。

必ずお得な往復券を購入しましょう!

竹原~垂水竹原~白水
おとな650円670円
こども330円330円

※表示は往復料金です。

自家用車で行かれる場合、車の料金も支払うことになりますが1台につき運転手分が含まれますので同乗者の料金は別途となります。

車の長さによって料金が変わるので、乗車券を買う際は窓口に車検証を持って行きましょう。

竹原~垂水・白水の往復料金

3m未満2,550円
4m以上5m未満3,710円
5m以上6m未満5,000円

チケットを購入後は、横にある広い待機所に車を移動し船に乗る専用レーンで列に並びます。

船の所要時間と到着港

到着先は「垂水港」と「白水港」と2つありますが、どちらでもかまいません。

キットを受け取る『観光案内所』は白水港を出てすぐのところにありますが垂水港からでも車で5分程度の所になります。

安芸津港フェリー乗り場

安芸津から出航するフェリーは、こちらの蔵のような待合所でチケットを買います。

安芸津~大西までの往復料金です。

おとな730円
こども370円

こちらも往復券の購入がお得になります。

自家用車も乗船する場合は、車検証を持って窓口に行き料金を払います。

3m未満2,550円
3m以上4m未満3,710円
4m以上5m未満5,000円

船の所要時間と到着港

安芸津から出航する場合、到着港は大島のみになります

こちらから白水港横にある『観光案内所』までは車で約15分くらいで行けます。

大崎上島での交通手段

島を周るには、交通手段は3つあります。

滞在時間の余裕などによって選ぶと良いと思います。

①自家用車

滞在時間がそんなにない場合、島に到着がお昼前後になってしまう時は自家用車がおススメです。

島のどの施設にも駐車料金はなく無料なのが嬉しい!

②レンタサイクル

レンタサイクルの場合、到着した港で貸し出してもらえます。

普通の自転車と電動とがありますが、平坦な所ばかりではないので電動をおススメします!

自転車レンタル料金
電動6時間(820円)

普通自転車

大人(1日510円)

小学生以下(310円)

*1台につき保証金1,030円

(返却時に戻ります)

海沿いで風は気持ちいいですが、日焼け注意です。

③レンタカー(モビリティ)

超小型の電気自動車です。

事前に予約しておくといいですが、取り扱っている所は

・観光案内所

・きのえ温泉清風館

・垂水港

になります。

3時間3,240円 6時間4,320円

*保険料500円別途

かろうじて2人乗り用のようですが、後ろの席は子供でも少し辛いかも・・・(-_-;)

ちなみに時速20キロ程度なので、急いでいる時はイラつくっていう。。

一応、普通免許が必要です。

その他にも『おと姫バス』も100円という激安の乗車料金でありますが、あまり本数はありません。

ホテルには専用駐車場あり、とても見晴らしが良い所です。

部屋の詳細とアメニティ

お部屋は10畳和室。

部屋の窓は小さいですが見渡す限り綺麗な海が見えます。

トイレとお風呂はセパレートになっていて使いやすい広さになっています。

洗面所もシンプルですが機能的。

アメニティがあまり充実してなく最低限のものだけで

女性にとっては少し物足りない内容になっています。

ここ最近のビジネスホテルでも、もう少しマシかな。

きのえ温泉「清風館」夕食内容

夕食は会席料理になっていて、コースのように色々と出てきます。

今回のお品書きはこちら

アワビのでかさに驚く!!!

踊り焼きとだけあってめちゃくちゃアワビ、踊ってます。

広島と言えば牡蠣。

こんなに大きくてプリプリ感が凄い!大阪で食べる牡蠣とは比べ物にならないくらい美味しかったです。

今回は10品の会席でしたが、男性だともう少し量が欲しいところ。

味は文句なしにどれも絶品でしたけどね!

きのえ温泉「清風館」ビュッフェ内容

朝食は同じ会場でビュッフェスタイルになっています。

夜は暗くてわかりませんでしたが、大きな窓から海に浮かぶ島々が見えます。

種類は多く和食が8割、洋食が2割という内容で

ご飯のお供が多く朝からガッツリ食べることができます。

きのえ温泉露天風呂の入浴時間と日帰り温泉

効能

冷え性・高血圧・関節痛・神経痛など広い範囲の効能が期待できます。

特に病後回復期の方にはおススメの温泉です。

 

入浴時間

宿泊者 6時~24時

日帰り 10時半~21時

*日帰り入浴700円(5/15/25日は500円)

このホテルの目玉はなんといっても温泉。

特に海を一望できる露天風呂が最高でした!

割と広めのお風呂で15人くらいは一気に入っても大丈夫なスペース。

シャンプーはオレンジ系のものと馬油系のものが2種類。

パサパサ感はしませんでしたが、気になるようでしたら持参することをおススメします。

脱衣所はこんな感じ。

少し古い雰囲気はありますが清潔感はあります。

きのえ温泉ホテル清風館行ってきた感想

大崎上島では宿泊施設が少なく選び放題というわけではありませんが、この清風館は泊まって良かったアワードにも選ばれた評価の高いホテルです。

実際に泊まって感じたのはスタッフの愛想の良さ、食事が豊富で美味しい、部屋から見える景色が美しい、どれをとっても良い所ばかり。

島のホテルなので最新さはありませんが、ゆったりとした時間が流れる気持ちのいい場所でした。

最近は「モダンルーム」が新設されたようで、かなり雰囲気のいいお部屋で人気になっています。

島全体を見下ろせる大崎上島の1番おススメホテルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です