【 2020年最新!謎解き情報はこちら!】

【とある王国の数奇なる手稿】なぞともカフェ×タカラッシュ満足する謎なのか?

なぞともカフェとタカラッシュブラックレーベルとのコラボ謎【とある王国の数奇なる手稿】は、時間無制限のフリースタイルな謎解きです。

実際に解いてみた難易度やボリューム感などを解説します!

↓ 謎解きに関する情報を発信してるよ ↓

Twitterをフォローする

「とある王国の数奇なる手稿」開催日

期間:12月21日~未定

時間:11時~23時(最終報告は22時半まで)

キット料金と内容

・調査記録 1枚

・石板

・地図

・手稿 1枚

レジでキットを購入したら、カフェ内の好きなテーブルについて謎解きをスタートすることが出来ます。

カフェ内に貼られている「調査記録」をメモするので、カフェの外では遊ぶことができません。

博士が集めた調査結果をもとに、あなたは手稿に書かれていることを整理しながら石板を解読していき「王国が消えた本当の理由」を解き明かすという内容です。

難易度とボリュームは?

キットの半分はカフェ内の情報を見ながら空白を埋めていく単純作業。スタッフから渡された調査キットをどう使うかが謎を解くカギになりますが、渡されたモノからどう謎を解いていくかが推測できてしまいます。

問題数自体は少なく、ストーリーを読むのに時間をかけるものになっています。

今まで何度も謎解きを経験した人なら「ああ、このパターンね」という感じで解けるはず。

公式サイトには30分~60分とありますが、30分だとかなり早い方なので平均して45分くらいだと思います。

とある王国謎解き面白さは?

空白を埋める部分が多く、その流れで謎を解いていたらあっという間に終わっていた・・。というのが感想です。

ストーリー的に読む部分が多くて、少しごちゃごちゃした感がありますが制限時間なく自分のペースで取り組めるのが良いかなと思いました。

値段を考えると、もう少し謎の数が多いと嬉しい。

クリアすると「エキストラ謎」を購入し、持ち帰ることができます。個人的にはこちらの方がコスパ良かったように思いました(300円)

でもまあ、合わせて1500円。今まで参加してきた周遊謎解きと比べると少し物足りなさを感じたかな。

難波なぞともカフェの店内やテーブル

なんばのなぞともカフェは「なんばパークス」の6階のレストラン街近くにあります。平日の15時過ぎに行ったのでかなり空いていました。

筆記用具などもすべて無料で貸し出ししてくれるので手ぶらで行っても大丈夫。

キットは必ずしも人数分購入しなければいけないわけではありません。2人で1つでも十分です。

なぞともカフェメニュー

ちょっとした軽食やドリンクが提供されていますが、ドリンクなどの持ち込みなどは禁止されているので注意しましょう!

なぞともカフェはほとんど利用しない私ですが、今回はフリースタイルという感じなので参加してみました。でもやっぱり周遊の方が好きだな~と、再確認してしまいました!

営業時間までに謎が解けない場合は、カフェ内にある2カ所の金庫から追加のキットさえ手に入れれば自宅でも解くことができます。

最終報告はチェック枠に印をつけてもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です