【 2020年最新!謎解き情報はこちら!】

【自宅謎解き】トロンプルイユ殺絵事件!最後の仕掛けに唸りっぱなし

この謎解きを簡単に説明をすると・・?

トリックアート横浜大世界で起きた事件の謎を解いていく内容。謎解きしながら犯人を見つける推理をしていく新しいタイプ。聞き取り調査メモを元に、トリックアート絵画を解明していくストーリーです。

↓ 謎解きに関する情報を発信してるよ ↓

Twitterをフォローする

トロンプルイユ殺絵事件の内容

アートリックミュージアム横浜大世界の中で開催されている謎解きをバーチャルで遊ぶことができます。実際に現地に行かなくても、十分謎解きを楽しめる内容になっています。

第1章と2章の構成になっていて、1章は動画を見ながら謎解きをしますがそれ以降は冊子を見ながらじっくりと挑むことができます。

キットの内容や料金

・冊子

・創始者の抽象画

・未完のスケッチ

・参加賞が入った封筒

・補強シール

難易度と所要時間

公式サイトでは所要時間が2時間とされていますが、動画を見ながら謎を解いていくものはスムーズに進めることができますが、証言をもとに謎を解明していく部分を合わせるともう少しかかるかもしれません。

中盤までは中級レベルですが、工夫された謎になっています。犯人を見つける作業はしっかりとメモを読んでいくとわかりますが、謎解き場面ではよくみられる仕掛けがたくさん散りばめられています。

初級者の人で3時間、謎解きになれている人で2時間半くらいの所要時間です。

トロンプルイユ殺絵事件の面白さは?

キットのツールはそこまで多くはありませんが、冊子自体に仕掛けがあって楽しく遊ぶことができました。謎解きしながら推理をしていくという2つの面白さがあり、最後の仕掛けは思わず「なるほど!」とうなってしまいました。

おしゃれなイラストでとても見やすいデザインの冊子で、バーチャル版というよりは持ち帰り謎の感覚が強いキットです。

1カ所、どうしても「?」な謎があり公式サイトのヒントを見てもわからない部分がありました。

それでも強引に進めていき謎を解くことができましたが、ここは実際に現地に訪れた方が納得いくのかなと思いました。

ストーリー性80点
難易度80点
ボリューム80点
面白さ85点
料金80点
総合得点405点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です